池田工芸のクロコダイル革財布の魅力を徹底解説!

革財布と一言ででいっても、イロイロな種類のお財布がありますよね。

そんな中でも、一度は手にしてみたいアイテムってありませんか?

希少な素材である、『クロコダイル』を使った革財布も1つの候補に上がると思います。

クロコダイルと言えば、エルメスなどが有名なところですが、日本にもエルメスに勝るとも劣らない最高のクロコダイルアイテムを販売しているブランドが存在します。

その名も『池田工芸』

今回は、その池田工芸の革財布について徹底的に解説させていただこうと思います。

クロコダイル専門の「池田工芸」はどんなブランド?

 

はじめに、『池田工芸』とはどんなブランドなのか?ご紹介します。

 

クロコのことなら池田に聞けとにもかくにも、一言で表すと「日本最大級のクロコダイル専門店」です。

見出しのように、クロコのことなら、まず池田工芸へと言ったところです。

素材の製造から、アイテムの販売まで一貫して行っています。

池田工芸は、1942年創業で70年以上の長い歴史があり、1981年にはそれまでの功績を認められ、黄綬褒章(おうじゅほうしょう)を授賞しています。

クロコダイルの皮革のは、ワシントン条約や世界の名だたるハイブランドによる買い占めなどで、上質な素材を永続的に確保し続ける事が難しいのですが、池田工芸は長年の付き合いなど、独自のルートを持っていてそれを可能にしています。

名実ともに、日本クロコ界ののトップランナーであると言えるでしょう。

では次に、そんな池田工芸が生み出す、革財布の魅力と特徴に迫ってみようと思います。

 

池田工芸のクロコダイル革財布の魅力・ 特徴

 

池田工芸の革財布、最大の魅力は、『池田工芸のお財布でしか味わえない』物尽しというところです

ではその特徴を紹介していきます。

 

特徴その1 独特のふっくらとした斑(模様)

やはり、最大の特徴はこのふっくらと丸みを帯びた斑(模様)で、一般的なクロコダイルを使用した革財布は、写真左のようにペタっと潰れた冷たそうなものが多いのですが、池田工芸が仕立てるクロコアイテムは優しくふっくらしています。

 

特徴その2 宝石のような輝き

池田工芸では、「グレージング」というレザーに艶を出す為の工程を、金属ではなく瑪瑙石(めのうせき)と呼ばれる宝石を使ったローラーで行っています。

とても手間のかかる作業ですが、その時間が生き物の皮を宝石のような『革』へと昇華させています。

 

中でも、深く輝く黒色は『池田のクロ』と呼ばれ、池田工芸の代名詞とされています。

 

特徴その3 細部までのこだわり

金具も、あるものではなく「池田のクロ」にふさわしい物をオリジナルで製造しています。

この金具は、削り出し製法で作られていて、一般的な鋳造の物より強度が高く、つなぎ目などもなくゴージャスなお財布に更なる味を加えています。

 

最後に 魅力的な価格

冒頭でも書いたように、池田工芸は希少なクロコの中でも最高級とされる、スモールクロコ(ポロサス)を使っています。

そのポロサスとは、世界のハイブランド達が市場を独占し、なかなか手に入る物ではなく見つかったとしても、とても高額になってきます。

池田工芸は、独自のルートを持ち自社工場で加工することで、高品質と低価格、両方を実現しています。

同等のポロサスを使った、エルメスのお財布は安くても40~50万円はくだらないのですが、池田工芸のほとんどのお財布は12万円です。

単純に計算して、3倍以上のコストパフォーマンス、これも老舗の池田工芸だからこそ実現できるわけです。

このように、他にはないものづくしの革財布です。

そんな池田工芸の革財布の中でも、いま私がオススメするのが下記の革財布です。

 

クロコダイルロングウォレット

『池田のクロ』と呼ばれる黒色も勿論、素敵な革財布ですが、私はあえてこのカラータイプをオススメしたいと思います。

クロコダイルの染色ってとても難しい作業で、カラフルなクロコはあっても、ベタっと「色塗りましたよ」感がある物が多いのですが、池田工芸のカラークロコは、写真のようにツヤと透明感があり、宝石の優雅さを彷彿とさせ池田工芸の技術の高さが伺えます。

現在、限定カラーのロイヤルブルーとチョコレートを販売中です。

限定モノに目がない方はお急ぎください。

 

革財布を人に例えるなら「〇〇さん」コーナー

 

さてさて、毎度恒例になりつつある、例えるなら〇〇さんのコーナーです。

皆さんはどんな人を思い浮かべましたか?

おおむね、ロケンロールでエキゾチックな容姿の方を連想されていると思います。

えっ?ジョニー・デップですって?

確かに、ハリウッドスターならジョニー・デップかもしれませんね。

しかし、今回、私が連想したのはこの方・・・

 

 

阿部寛さんです。同じだった人いらっしゃいますか?

迫真の演技から、コミカルなキャラクターまで幅広くこなす実力派。

昔懐かしい雰囲気のホームページも有名ですよね。

ダンディでエキゾチックな雰囲気で、しっかりと仕事をこなす感じ、からの連想です。

伝わりましたか?

では、そんな話は置いといて…上記のように、魅力がまんてんの『池田工芸』の革財布ですが、次にどんなに人にオススメかを解説していこうと思います。

 

池田工芸のクロコダイル革財布はどんな人におすすめ?

オススメな人その1 特別なお財布をお探しの方

とにもかくにも、スペシャルな一品を手に入れたい。また、プレゼントしたい。
そんな方は、ぜひ候補の1つに入れておくべきアイテムだと思います。
あなたの期待を裏切る事はないでしょう。

 

オススメな人その2 ハイブランドのクロコを検討中の方

特徴で上げたように、池田工芸は世界のハイブランドと、同等のクロコ(ポロサス)を使用していて品質上の遜色はありません。
ハイブランドのクロコは良いけど、「ちょっと高いかな」と悩まれている方は、ぜひ池田工芸のお財布を検討してみてください。

 

オススメな人その3 カラフルなクロコを探している方

こちらも上記しましたが、池田工芸が製造する、クロコの染色はお見事です。
今までに、カラークロコを使った事があるけど、イマイチだった経験があったり、カラークロコを探しているけど色合いに納得できない。
そんな方は、池田工芸の宝石のようなカラークロコをオススメします。

 

オススメな人その4 クロコの良さを堪能した事がある方

現在または過去に、池田工芸以外のクロコを使った事があり、クロコの魅力を味わった事がある方に、もう一度クロコを購入するなら池田のクロコを選んで頂きたいです。
魅力を知っているからこそ、わかる池田工芸の良さがあるはずです。

 

オススメな年齢層 20後半・30代~

あまり若い世代の人にはオススメできませんが、スペシャルに挑戦してみたい20代後半(私のイメージは28歳か29歳)か30代からダンディなおじ様まで、幅広い世代の方に持っていただけるアイテムだと思います。

 

逆にオススメ出来ない人

・そもそも爬虫類が苦手な人(苦手ならここまで読まれてないかもしれませんが)
・ハイブランド至上主義の人(この方もここまで付き合っていただけてないかもですが)
・多少ですが、斑(模様)のバラツキがあると思うので気になる方は避けた方がいいです。

 

まとめ

 

今回は、池田工芸の魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

クロコダイルと言ってもいろいろありますが、これを機にあなたもスペシャルな『池田のクロ』を味わってみませんか?

池田工芸のクロコダイルレザーが気になるのであれば、一度ラインナップをチェックしてみることをおすすめします。

一目見ただけで、池田工芸のクロコレザー財布の魅力にハマってしまうかもしれませんよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA