革財布メンズ 三つ折り財布のおすすめや魅力

「二つ折り財布を使っている、使った事がある」という方は多いと思いますが、三つ折り財布ってあんまりメジャーな感じはしませんよね。

ちょっと気になるけど、使い慣れたものを選んでしまうのもその要因かもしれません。

今回は、そんな『三つ折り財布』のメリット・デメリットを含めて、おすすめブランド・アイテムを紹介していこうと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いします。

メンズ三つ折り革財布の特徴・メリット

 

はじめに、三つ折り財布の特徴やメリットを、一緒におさらいしてみましょう。

 

とってもコンパクト


画像引用元:https://www.herz-bag.jp/special/staff/staff23/

最大の特徴はやはりこの小ささ。

基本的にカードサイズになるので、二つ折りよりさらに小さく、薄さに特化したものなどもあり、ズボンの前ポケットに入れていても、かさばらず邪魔になりません。

 

ギミック満載

画像引用元:http://www.ginkawaten.co.jp/item/Cr-170/

コンパクトさと機能を両立させるために、ブランドごと様々な工夫が施されています。

小さい革財布は、小銭の出し入れの煩わしさなどが懸念されがちですが、大きく開くマチを配置していたり、使いやすさにもこだわっています。

 

ポップで個性的

画像引用元:https://m-piu.com/catalog/straccio-liscio-buttero/

ポップでカラフルなアイテムが多いのも、三つ折り革財布の特徴です。

上記で説明したように、満載のギミックなどと相まって、個性的で遊び心がある革財布ばかりです。

 

低価格

サイズが小さいためか、上質な素材を使ったアイテムでも、低価格なものが多いです。

逆に、小さくなれば、手間のかかる細かい作業が増えるのですが、そのコストはあまり反映されず、ある意味、革財布の中でコスパは最強かもしれません。

 

メンズ三つ折り革財布のおすすめは?

 

さてさて、ではおすすめアイテムを紹介していきます。

 

PORTER(ポーター) :ウォレット 16,000円

画像引用元:https://www.yoshidakaban.com/product/103200.html?p=s&p_itemtype=11&p_itemsubtype=17&p_lisize=50&p_lisort=

幅広い年代から支持される、大人気ブランド『ポーター』。

老舗の吉田カバンが、運営するブランドです。

ポーターと言えば、ナイロンのモデルを思い浮かべる方も多いと思いますが、レザーアイテムも豊富に取り扱っています。

このアイテムは、しなやかなピッグスキンに迷彩柄のプリントを施していて、大人の遊び心を感じます。

カラーは全4色で、ポップなアイテムをお探しの方はぜひ覗いてみてください。

 

HERZ(ヘルツ):三つ折り小型ウォレット 16,200円

画像引用元:https://www.herz-bag.jp/webshop/products/detail843.html

ぬくもりある頑丈なアイテムを生み出す『ヘルツ』。

このアイテムは、しなやかで独特のシボがある「ユーフラテ」と言うベジタブルタンニンレザーを使っていて、使い込んだようなビンテージ感が味わい深いです。

オイルを多く含んでいるので、メンテナンスも簡単。

使い込むことによって、更に進化していきます。

飽きのこない、長く寄り添ってくれるアイテムをお探しの方におすすめです。

 

池之端銀革店(いけのはたぎんがわてん):Crampコンパクトウォレット 17,280円

画像引用元:http://www.ginkawaten.co.jp/item/Cr-170/

様々なラインを展開する『池之端銀革店』のCrampラインのアイテム。

クランプラインのアイテムは、カラフル・ポップで、機能的なギミックが盛りだくさんあり、このコンパクトウォレットもその1つです。

札入れ部分は大きく開き取り出しやすく、フラップの裏にあるベロがお札のはみ出しを抑制していて、アウター背面に配置された小銭入れは、マチが大きく広がり、出し入れしやすいようになっています。

小さく機能的な革財布をお探しの方におすすめです。

 

YUHAKU(ユハク):コンパクトウォレット 25,920円

画像引用元:https://www.yuhaku.co.jp/products/detail.php?product_id=29

あらゆる洗練されたレザーアイテムを生み出す『ユハク』。

この革財布は、ユハクの代名詞でもあるグラデーション染色を施したコンパクトウォレット。

このレザーは、使い込むにつれ、ツヤが増しグラデーションが濃くなり、様々な表情を楽しめます。

また、堅牢なショルダー部分の皮革を使用しているため、型くずれしにくく見た目の繊細さと裏腹にタフな革財布でもあります。

シックでタフなコンパクトウォレットをお探しの方におすすめです。

 

HARLEY-DAVIDSON (ハーレーダビッドソン):ディボスドレザー三つ折りウォレット 9,630円

画像引用元:http://www.harley-davidson-japan.jp/f/dsg-1212754

コアなファンを長年魅了するバイクメーカー『ハーレーダビッドソン』。

そんなハーレーのアパレルアイテムです。

バイカー限定感があり、それゆえあまり知られていませんが、実はハーレーの革財布はとってもタフです。

知人が使用していて、雨にうたれ、ノーメンテでも10年ぐらいケロッとしています。

長年イロイロな革財布を見ていますが、こんなに不思議な革財布は他にありません。

不思議なパワーが宿るお財布をお探しのバイカーにぜひおすすめしたいお財布です。

 

プレゼントにおすすめのメンズ三つ折り革財布は?

 

m+(エムピウ):millefoglieⅡ P25 14,000円

画像引用元:https://m-piu.com/catalog/millefoglie2-p25/

プレゼントにおすすめなのがこの革財布。

独特の風貌が特徴の『エムピウ』のミッレフォッリエⅡP25。

ユニークで独特な見た目ですが、機能性は驚く程高く、使いやすさをとことん追求した革財布です。

 

小銭入れが大きく、取り出す際の煩わしさも感じさせず、カードポケットも豊富で収納力も抜群。

また、オーダーで札ばさみ部分を反対向きにしてくれる「レフトハンド仕様」も対応してくれるようです。

アウターの素材には、油分を多く含んだイタリアンレザーを使っていて、エイジングも存分に楽しむことが出来ます。

お手頃価格ですが、本格的で機能性抜群の気が利く革財布をプレゼントにいかがでしょうか?

 

メンズ三つ折り革財布のデメリット

 

特徴とメリットは先ほど書きましたが、次に私が思うデメリットを紹介しようと思います。

 

お札が折れる・シワがよる

最大のデメリットがこれだと思います。

革財布自体が小さいため、必然的にお札を折り曲げないといけなくなっています。

入れる枚数が増えると、曲がり難くなり、シワなどが入ったりします。

 

カッチカチのビジネスシーンには不向きかも…

基本的に、ポップでカジュアルな雰囲気のアイテムが多いので、使うシーンを選ぶお財布かと思います。

 

私がデメリットと感じる点は主にこの2つです。

そのほかは、アイテムにより個性があると思うので、気になるアイテムをイロイロ検討してみてください。

 

まとめ

 

今回は、三つ折り財布について解説・紹介して来ましたがいかがでしたか?

三つ折り革財布は、コンパクトで邪魔にならず、持ち歩くには最適ですが使うシーンを選ぶお財布かもしれません。

私も使っていますが長財布と併用していて、ピン札や銀行のカード類は長財布に、少しのお札・小銭・免許証などは三つ折りに、と使い分けています。

こうすれば、ちょっとした外出なら三つ折り財布だけ持って行けば良いので、手荷物が増えず快適です。

また、普段そんなにイロイロ持ち歩かないし、とにかく邪魔にならない革財布が欲しい、という方には最強の相棒になってくれると思います。

さてさて、では、今回はこの辺で失礼します。

この記事が、あなたのお財布選びのヒントになればと思います。

では、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA