アヤメアンティーコ革財布の魅力を徹底解説!

イタリア、日本、双方の職人技を融合させ、温かみのあるアイテムを生み出しているアヤメアンティーコ

ブランド自体は、14年創業と長い歴史があるわけでは有りませんが、伝統製法と伝統技法の出会いによって作品にはとても風格があり、これから日本を代表するブランドになっていくような、いま注目のブランドの1つです。

今回は、そんなアヤメアンティーコの魅力を徹底的に解説・紹介させて頂きますので最後までお付き合いよろしくお願いします。

アヤメアンティーコはどんなブランド?

 

さてさて、まず『アヤメアンティーコ』とはどんなブランドなのか?から紹介していきます。

『イタリアが誇る伝統の渋革×日本の熟練職人の縫製。アンティーク製法が生み出す革製品』

この一文をコンセプトに、ブランドアイテムを展開中です。

では、イタリアの伝統と、日本の技を順に説明していきます。

 

イタリアの渋革とは?

アヤメアンティーコでは、イタリアンレザーの伝統製法でもあるバケッタ製法をもとに鞣される三種類のイタリアンレザーを使い分けて数々のアイテムを仕立てています。

 

バケッタ製法の特徴

バケッタ製法とは、ベジタブルタンニン(植物性の渋)を原皮に染み込ませ、さらに、オイル浸透させることで長い時間をかけ鞣していく製法です。

大変な時間、労力が必要になる製法で、さらには近年の担い手不足により希少性がさらに上がってきています。

現代は、科学薬品により鞣されるクロム皮革が多くなって来ていますが、じっくりと時間をかけて作り出されるバケッタレザーの方が強度も高く、エイジングが見せる表情は格別です。

では、アヤメアンティーコではどんなバケッタレザーが使われているのか見ていきましょう。

 

1つ目『ミネルバボックス』

バダラッシ社がてがけるバケッタレザー『ミネルバボックス』

バダラッシ社が手がけるバケッタレザー最大の特徴は、加脂の工程で牛脚の固形オイルを使っていることです。

大抵のタンナーでは、浸透性の高い液状のオイルを使用していますが、バダラッシは固形のオイルをゆっくりと浸透させることでオイル抜けを抑制し、しなやかで手触りのいい仕上がりにしています。

そんなバケッタレザーの1つであるミネルバボックスは、自然な風合いを活かしたシボ加工が特徴で、一枚一枚手作業で行われるので、それぞれが異なり色々な表情を楽しむことができます。

 

2つ目『ミネルバリスシオ』

こちらもバダラッシ社の手がける『ミネルバリスシオ』

イタリア語で『なめらか』と言う名前を持つように、とてもスムースで透明感のあるレザーです。

自然の風合いを残しつつ、一枚ずつ職人が手作業で染色を施していくので、トラ模様やシワなどそれぞれの個性を楽しめるレザーです。

 

3つ目 アルトアッシュガート

スティヴァーレ社が手がける『アルトアッシュガート』

こちらも伝統製法で作られるバケッタレザーですが、仕上げ工程に特徴があります。

バケッタレザー特有の風合いを生かすため、顔料を一切使わずに染料にて一枚ずつ染め上げていきます。

また、顔料を使わないため、革本来の表情も活きてきます。

そして、丁寧に染め上げたレザーをウォッシュ加工することで、独特のビンテージ感を演出しています。

 

アヤメアンティーコでは、以上の3つの素材を使い分けながらアイテムを製作しています。

では、次に日本の職人技を紹介していきます。

 

日本の熟練技術

日本の手仕事は、世界的にも有名で、仕上がりの美しさ、丁寧さは折り紙つきです。

そんな、日本の手仕事を支えてきた熟練の職人と、長く時間を共にしてきた道具たちが見せる縫製は、厳選された素材と共鳴しアヤメアンティーコらしい温かみの感じられるアイテムに息吹を吹き込んでいます。

また、アヤメアンティーコで使われる金具なども、日本の工房で製作されていいて、日本の伝統技術が惜しみなく注ぎ込まれています。

革製品加工の歴史は浅い日本ですが、ものづくりに真面目で実直な気質をもつ日本の職人と、長い歴史を守り続けてきたイタリアンレザーが出会うことで、素敵なアイテムを生み出しているのがアヤメアンティーコというブランドです。

 

アヤメアンティーコ革財布の特徴・魅力

 

さてさて、そんなアヤメアンティーコが送り出す革財布は、どんな特徴・魅力があるのか順にご紹介していきます。

 

最大の特徴・魅力は『風合いを活かした温かみ』

ポルタセグレタ

やはり、アヤメアンティーコのお財布を語るには、上記したようにバケッタレザーへのこだわりを忘れるわけにはいけません。

このポルタセグレタは、内外装ともにミネルバボックスを贅沢に使った革財布で、素材の持つしなやかさ温かみが写真でも伝わってきます。

手にしたら、ずっと撫でていたくなる、そんな革財布だと思います。

 

オイルを多く含んでいるミネルバボックスは、エイジングも綺麗で日光を当てることで比較的に早く進化していくので、短い期間で写真のようなエイジングを楽しむことができます。

また、オイルを多く含んでいるためメンテナンスも楽で、とにかく撫でていれば手から油脂を吸収し、艶を増していきます。

長く使用しなかった場合、乾燥気味になるかもしれないので、そのときはオイルやクリームで保湿してあげて下さい。

 

収納力と機能性

見た目のスマートさとは裏腹に高い収納力も持ち合わせています。

片側に5段のカードポケットと小銭入れや札入れの間にも配置することで、多くのカードを整理することができます。

また、マチ部分も大きく取られているので、お札やカードの取り出しもスムーズに行えそうです。

熟練職人の徹底した心配りが伺えます。

 

男女どちらが持っても良いデザイン

イントルノ ポルタフォーリオ

どの革財布もシンプルなデザインでポップなカラーのアイテムが多く、男女どちらが持っていてもお洒落なので、カップル・御夫婦でお揃いや色違いの物を揃えるのもいいかもしれません。

 

こだわり抜いたバケッタレザーのお財布なのに…

最後になりますが、ここまでこだわり抜いたお財布が意外と安いんです・・・

いや、安さで勝負しているブランドではないのは承知の上なんですけど、ここまでこだわってこの価格か、というのが正直なところです。

安いよ!安いよ!と陳腐な紹介は、ブランドイメージを崩しかねないししたくないので、ここは小声で、、、ここまで見て頂いた方だけにお伝えしときます。

さてさて、ここまでアヤメアンティーコの魅力・特徴を紹介してきましたが、私がアヤメアンティーコに持ったイメージ、有名人に例えるなら、

ズバリ『加藤ローサ』さん!

 

母親が日本人、父親がイタリア人のハーフだからって、なんのひねりもないじゃないか!そんな声が聞こえてきそうですが、、、

まー、そんなとこではありますが、なんかハーフタレントの方ってガチャガチャうるさいイメージがありません?

ただ、加藤ローサさんはそんなこともなさそうで、素朴で温かみのある雰囲気にアヤメアンティーコと近いものを感じました。

えっと、話が大幅にズレだしたので、この辺で本題に戻ろうと思います。

 

アヤメアンティーコの革財布はどんな人におすすめ?

 

では、そんなアヤメアンティーコのお財布はどんな方が選ぶべきか。

6つのポイントを紹介して行きます。

 

ポイント1.オススメ年齢層

オススメしたい年齢層は、20代半~40代前半です。

本物のハンドメイドアイテムに初めて手を出そうと思っている方や色々なアイテムに触れてきて、素材の良さを最大限に楽しめるものを探している方にオススメのブランドだと思います。

 

ポイント2.エイジングの表情をたっぷり楽しみたい方

バケッタレザーはエイジングの表情が豊かな皮革の代表格に位置します。

アヤメアンティーコのアイテムは素材の表情がわかりやすいシンプルで飽きのこないデザインのものが多く、長くエイジングを楽しみたい方はオススメです。

 

ポイント3.手触り・馴染みを優先される方

柔らかく馴染みのいいバケッタレザーを全面的に使用していますから、革財布特有の開封直後の「ゴワつき」がありませんし、しなやかなので手触りも格別です。

 

ポイント4.本格派の物が良いけどお手入れが楽な物を探している方

上記したように、バケッタレザーは油分をたっぷりと含んでいるので、購入直後のメンテナンスに気を使う事もありませんし、手や肌からの油脂を吸収することで、ある程度の油分を確保出来ると思います。

 

ポイント5.アンティーク・ビンテージ物が好きな方

その名のとおりですが、アヤメアンティーコから生み出されるアイテムはシンプルでどこかクラシカルな雰囲気です。

アンティークやビンテージ物を身近なアイテムとして持ち歩きたい方には強くオススメします。

 

ポイント6.メジャーなブランドは避けたい方

「メジャーなハイブランドなどは、なんとなく避けたい」という方は少なくないと思いますが、かと言って「風格のないものは嫌だ」そんなワガママを叶えてくれるブランドがアヤメアンティーコだと思います。

ブランド自体の歴史は、2014年立ち上げと決して長くはありませんが、素材・技術ともに老舗ブランドに引けを取る事はありませんし、じわじわと人気を呼び名ブランドの仲間入りも遠くはありません。

今から、アヤメアンティーコの革財布を手にすれば、『昔からの愛用者』として、鼻高さんになれるかもしれませんよ?

以上のポイント6つ、どれかに該当する方にはとても魅力的なブランドだと思います。

特に重要になってくるのが、ポイント6で上げたように、これからのブランドだということです。

いちファンとして、応援、見守って行きたい方は、是非手に取っていただきたいと思います。

 

まとめ

 

さてさて、色々と書いてはきましたが、いかがだったでしょうか?

雑誌などで目にすることも多くなってきている『アヤメアンティーコ』。

口コミやレビューなどがまだまだ少ないですが、調べていて素材や技術にこだわり抜いて、確かなアイテムを生み出すブランドだと私は思いました。

今回の記事が、あなたの革財布選びのちょっとしたヒントにしていただけたらと思います。

アヤメアンティーコは長財布、二つ折り財布、名刺入れ、小銭入れ、キーケースなど豊富な革製品を取り扱っているので、革財布の購入を検討しているなら是非チェックしておいてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA