革財布メンズ 人気ブランドランキング2018

さて、今回は『メンズ革財布の人気ブランドランキング2018』と銘打ちまして、10社のブランドをご紹介させて頂きます。

初めにお断りさせて頂きますが、ランキング形式で紹介しているもののブランドの優劣を語るものではない、と言うことをご理解の上、見て頂けるとありがたいです。

今回、紹介しきれないブランドやアイテムの数々は後々紹介させて頂きますね。

では、メンズ革財布の人気ブランドランキング2018に行ってみましょう!

メンズ革財布の2018人気ブランドランキング

第1位 革蛸(かわたこ)
おすすめ年齢層 20代~40代

 

革蛸謹製台形ロングワレット サードタイプ 蛸墨

画像引用元:http://www.kawatako.net/shopdetail/001001000006/001/001/X/page1/order/

この革ブランドが手がける数々の革財布やアイテムは、革物が好きな人なら一度は目にしたことがあると思います。

革蛸の代名詞とも言えるこの台形ワレットは、様々な種類のレザーで作られており、同じ形でも革のもつ風合いやカラーでそれぞれ個性があります。

上の写真の革財布は、ブライドルレザーを使ったのもので色合いと相まって、いかにも頑丈そうです。

 

革蛸謹製台形ロングワレット サードタイプ グリーン

画像引用元:http://www.kawatako.net/shopdetail/001001000016/001/X/page1/order/

こちらはイタリアの老舗タンナーのワルピエ社が製造している高級レザー『ブッテーロ』を使用したもの。

ブッテーロレザーは経年変化がとても美しく、多くの革物愛好家を魅了しています。

 

革蛸謹製スリムロングウォレットTYPE-L- クレイジーパターン

画像引用元:http://www.kawatako.net/shopdetail/000000000764/001/X/page1/order/

ブッテーロは多彩なカラーも特徴で、こんな商品も販売されています。

いっぺんに各色の経年変化を楽しめる贅沢仕様ですね。

とにもかくにも商品点数が多く、全てのアイテムに目を通すだけでも、かなりの時間がかかります。

ですが、その種類の多さが人気のひとつでもあると思います。

 

第2位 GANZO(ガンゾ)
おすすめ年齢層 30代~50代

 

CORDOVAN (コードバン) ファスナー付き長財布

画像引用元:https://www.ganzo.ne.jp/fs/ganzo/57192

素材・技術ともに最高級のガンゾ。

ブランドの立ち上げは01年ですが、前身となる企業は1917年創業。

ということは、2018年の今年で創業100年目を迎えたわけです。

最高級のコードバンを使い、熟練の職人が仕立てる革財布はとても美しいです。

 

CORDOVAN (コードバン) ラウンドファスナー長財布

画像引用元:https://www.ganzo.ne.jp/fs/ganzo/cordovan/57340

コードバンは、繊維が細かく凝縮されているので耐久性が高く、使い込む程ツヤが増していき、極上の経年変化を味わえます。

 

AMERICAN BISON (アメリカンバイソン) ラウンドファスナー長財布

画像引用元:https://www.ganzo.ne.jp/fs/ganzo/57594

また、現在とても貴重なアメリカバイソンの皮革を使った新商品も発売されています。

貴重な皮革を贅沢に使っているため、数が限られてきそうです。

ガンゾが提供する確かな素材・確かな技術がひとつになり、生み出されるアイテムは、多くの革物愛好家をうならせています。

 

第3位 GLENROYAL (グレンロイヤル)
おすすめ年齢層 20代後半~40代

 

ROUND LONG PURSE

画像引用元:http://www.british-made.jp/fs/british/glenroyal-wallet/gd742

スコットランドの老舗ブランドのグレンロイヤル。

こちらも英国ブランドらしく、素材はブライドルレザーを主に使っています。

上の革財布は、フルブライドルで作られている贅沢な一品。

グレンロイヤルを代表する人気アイテムです。

 

ROUND LONG PURSE

画像引用元:http://www.british-made.jp/fs/british/glenroyal-wallet/gd742

見た目のスマートさとは裏腹に、収納力も高いので使い勝手が良さそうです。

 

MONEY CLIP WITH COIN POCKET

画像引用元:http://www.british-made.jp/fs/british/glenroyal-wallet/gd1855

ペイズリー柄のマネークリップなども販売されており、英国紳士の遊び心も垣間見えます。

ポップなカラーのアイテムも多く、カップルや御夫婦で色違いの物を揃えてみるのもいいかもしれません。

 

第4位 Whitehouse Cox (ホワイトハウス コックス)
おすすめ年齢層 20代後半~50代

 

LONG ZIP WALLET / HOLIDAY LINE 2018

画像引用元:https://www.frame.jp/products/detail/30030

創業140年を越える英国が誇る老舗ブランド「ホワイトハウスコックス」

このブランドが主に扱う素材は頑丈なブライドルレザーです。

ハリ・ツヤがよく、カチッとした姿をしています。

上の写真は、毎年クリスマスシーズンに販売される、『ホリデーライン』のラウンドジップウォレットです。

 

3FOLD WALLET / BRIDLE 2TONE

画像引用元:https://www.frame.jp/products/detail/7477

こちらが、ホワイトハウスコックスの代表的なモデル。

雑誌などでよく見かけるブライドルレザー特有の艶が綺麗ですね。

 

LONG ZIP WALLET / SAFARI

画像引用元:https://www.frame.jp/products/detail/10111

こちらが、サファリレザーを使った新しいラインのモデルです。

サファリレザーは、あえて個体差のある革を使い、ひとつひとつが全く違う表情を見せています。

戦闘機乗りが着用していたフライトジャケットのような色合いで、ビンテージ感があり、大人ワイルドな印象です。

老舗の信頼感と風格があり、多くのファンを魅了しています。

 

第5位 池之端銀革店(いけのはたぎんがわてん)
おすすめ年齢層 20代~40代

 

Cramp 【イタリアンシュリンクレザー】Wフラップミドルウォレット

画像引用元:http://www.ginkawaten.co.jp/item/Cr-162/

個性的なラインを展開中の「池之端銀革店」

上の写真は、鮮やかなカラーで様々なギミックが織り交ぜられた、『Cramp』ラインのものです。

遊び心溢れるデザインは大人の子供心をくすぐります。

 

Dual UKサドル長財布 ”DELETE”

画像引用元:http://www.ginkawaten.co.jp/item/DCr-1041/

打って変わって、シックな雰囲気の『Dual』ライン。

こちらの革財布は油分を多く含んだ、耐水性・耐久性の高いUKサドルレザーを使用していて、大人しい見た目とは裏腹にタフな革財布です。

 

Haru 【イタリアンレザー】ヴィンテージ加工 ロングウォレット 長財布

画像引用元:http://www.ginkawaten.co.jp/item/HC-522/

彫金師ハル氏が手がけるハンドキャスト製法により作られた金具をあしらった、『Haru』ライン。

始めからビンテージ感溢れる革財布ですが、使い込むことによって更なる味を楽しむことが出来ると思います。

 

第6位 HERZ(ヘルツ)
おすすめ年齢層 20代~50代

 

カード収納に強い長財布(WL-56)

画像引用元:https://www.herz-bag.jp/webshop/products/detail505.html

丈夫で心のこもったアイテムを提供するヘルツ。

ヘルツ最大の特徴はやはり『頑丈さ』です。

お客様に長く使ってもらう為に、とにかく頑丈に仕立てています。

素材も厳選し、縫い目も見るからに頑丈です。

 

ソフトレザーの長財布(WL-63)

画像引用元:https://www.herz-bag.jp/webshop/products/detail524.html

こちらが、形は似ていますがソフトレザーを使用したモデル。

似てるけど似てない、思わず画面を上下したくなる、何か面白い革財布ですよね。

 

二つ折り財布(WS-8)

画像引用元:https://www.herz-bag.jp/webshop/products/detail517.html

こんなキリっとした二つ折り財布もあります。

やはりどれも縫い目が力強く綺麗です。

頑丈で長く使えるのはもちろん、エイジングも長く楽しめるラティーゴやスターレという素材を使用しています。

『革製品は長く使いたい』そんな方にはうってつけのブランドです。

 

第7位 SOLATINA (ソラチナ)
おすすめ年齢層 20代~30代後半

 

BUTTERO LEATHERメッシュロングウォレット財布

画像引用元:http://www.cambio.co.jp/fs/cambio/solatina/mko1327

2006年にスタートしたソラチナ。

厳選された素材に、ソラチナ独特のデザイン・遊び心をプラスすることで、魅力的なアイテムを展開しています。

上の写真は、ソラチナの定番人気アイテム「ブッテーロ」を贅沢に編み込んだ革財布です。

 

オイルレザー馬革ラウンドファスナーロングウォレット財布

画像引用元:http://www.cambio.co.jp/fs/cambio/solatina/mko769

色使いも鮮やかなものが多く、カラフルなファスナーが大人の遊び心を感じます。

 

オイルレザー馬革ロングウォレット

画像引用元:http://www.cambio.co.jp/fs/cambio/solatina/mko768

そして、なにより見た目と反比例する価格!

名だたるハイブランドに勝るとも劣らない、洗練された革財布ばかりですが、ビックリするほど低価格です。

一見の価値ありですよ。

 

第8位 Munekawa(ムネカワ)
おすすめ年齢層 20代後半~40代

 

長財布 Thin

画像引用元:http://www.munekawa.jp/?pid=60731517

細部の仕上げにこだわりを感じる「ムネカワ」

『愛着を感じる物』をコンセプトに、数多くのアイテムを製作しています。

発色の良いイタリアンレザーを使い、素材の持つ魅力を最大限に活かす技術も確かです。

 

長財布 Thin

画像引用元:http://www.munekawa.jp/?pid=60731517

上の写真のように、コバ(切り口)の処理も美しく、薄い革を丁寧に磨き上げています。

厚みのある革と違い、薄い革を磨くのは根気のいる作業です。

 

二つ折り財布<カード> Feel Card

画像引用元:http://www.munekawa.jp/?pid=117507748

スマートでカラフルな二つ折り財布もあり、胸ポケットに入れたり、かさばらない革財布が好みのビジネスマンにはおすすめです。

どのアイテムも、細部にこだわった仕立てがなされていて、相棒として愛着の沸く革財布ばかりだと思います。

 

第9位 AYAMEANTICO(アヤメアンティーコ)
おすすめ年齢層 20代~30代後半

 

ポルタセグレタ

画像引用元:http://ayameantico.jp/SHOP/NL00011.html

イタリアと日本双方の職人の合わせ技「アヤメアンティーコ」

イタリアの最高のレザーと、長く受け継がれた日本の伝統製法を惜しみなくアイテムに注いでいます。

写真の革財布は、たっぷりとオイルを染みこませて鞣されたイタリアンレザーに、特殊なウォッシュ加工を施すことによって、独特の暖かい雰囲気に仕上がっています。

 

ポルタセグレタ

画像引用元:http://ayameantico.jp/SHOP/NL00011.html

スマートな見た目とは対照的に、カードポケットもバランスよく配置され、収納力・使いやすさも良さそうです。

 

イントルノ ポルタフォーリオ

また、優しい色合いの物が多く、デザインも中性的なディティールなので、カップルや御夫婦で揃えてもいいかもしれません。

>>アヤメアンティーコ革財布の詳細はこちら

 

第10位 池田工芸(いけだこうげい)
おすすめ年齢層 30代~50代

 

クロコダイル ロングウォレット

国内最大級のクロコレザー専門店「池田工芸」

1942年創業の老舗クロコダイル専門の工房。

クロコダイルと言えば、世界各国の名だたるハイブランドが欲しがる素材で、上質な皮革を調達すること自体が困難なのです。

しかし、池田工芸は老舗の専門店であるからこそ、調達できるルートを確保していて、ハイブランドも唸らせるようなアイテムを作り続けています。

 

池田工芸のクロコレザーは、写真のように斑が丸みを帯び、いきいきと艶めいています。

熟練の職人だからこそなし得る、池田工芸でしか買えない『池田のクロ』なんです。

 

クロコダイル ミリオンウォレット

そんな唯一無二の最上級クロコレザーを使った、ミリオンウォレットなる100万円を座らせる革財布を販売しています。

贅にぜいを重ねた、選ばれた者のみが使用することができるそんな革財布かもしれません。

とにもかくにも、ここでしか手に入らない物しかないです。

いつかはクロコレザーの革財布を、と考えている方は、まずは池田工芸を覗いて見てみるといいですよ。

>>池田工芸のクロコダイル革財布の詳細はこちら

 

人気のメンズ革財布の特徴は?

 

さてさて、10店のブランドをご紹介しましたが、貴方が思うブランドは入っていましたか?

ともあれ、順位はつけさせていただいたものの、どのブランドもとても素晴らしいアイテムを生み出していて、オンリーワンであることは間違いないです。

また、今回ランキングに入っていないブランドも、後々紹介させていただこうと思います。

ではでは、いま人気の革財布の特徴ですが、大きく分けて2つあります。

 

1.厳選に厳選を重ねた素材

 

今回ご紹介したブランドの共通点は、やはり素材へのこだわりだと思います。

『どこの国の』、『なんの革を使うのか』、その選択によってブランドカラーが大きく変わって来ます。

このランキングでは『圧倒的に』、『革の本場』、『イタリアのレザーを』主力にしているブランドが多いです。

イタリアには良質な皮革を製造しているタンナーが点在し、それぞれの製法で多彩なレザーを送り出しています。

また、イタリアンレザーではなくとも、良質なレザーを世界各国から仕入れています。

どちらにも共通するのは、長く使える丈夫さと使い込むことによって味わいを増す皮革であることです。

 

2.確かな技術

 

素材もさることながら、その素材にあった仕立てや仕上げにも強いこだわりがあるように感じます。

どんなに優れた素材を使っても、確かな仕立ての技術がなければ、そのエイジングを味わう前に使えなくなってしまうかもしれません。

そうならないように、各ブランド独自の技法を模索し、素材と技術の融合を実現しています。

この2つを合わせると、『頑丈で長く使える』、『美しく進化する革財布』が人気の絶対条件だと思います。

安い買い物ではありませんし、長く楽しめる相棒を素材・技術共に揃ったブランドで見つけて下さい。

 

まとめ

 

メンズ革財布の人気ブランドランキング2018について紹介していきましたが、

え?そう言えば、ヴィトンやグッチが入ってない?

揺るがない人気があるのは承知の上、入っていて当たり前のハイブランドはあえて外してみました。

先程も書きましたが、今回紹介しきれなかったブランドも山ほどありますので、またの機会にご紹介させて下さい。

では、今回はこの辺で失礼します。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA